シバケンが参加するボランティア団体「黒石やきそば応援団ブラスト」
黒石やきそば・黒石つゆやきそば・ブラストオリジナルグッズ販売中!
shop-banner2.jpg

2008年12月07日

ウイルス対策ソフトへの過信は禁物

テストで再確認、「ウイルス対策ソフトへの過信は禁物」

ITProからの引用です。

日々のウイルス対策は不可欠。その大きな助けになるのは、ウイルス対策ソフトだ。とはいえ、過信は禁物。すべてのウイルスを検出できるわけではない。では、どの程度「過信は禁物」なのか。その度合いを調べるべく、日経パソコン編集部では、主要な対策ソフトを使って、ウイルスの検出率を調べたので、その一部を報告したい。結果から言うと、ウイルス作者の“物量作戦”に、対策ソフト側が追いついていない現状が明らかとなった。



毎日様々な訪問サポートをしておりますが
やはり最近気になるのは・・・

ウイルス対策ソフトをインストールしていても
ウイルス感染してしまっていることが多いこと!



人間が作るものであること
そして日々新しいウイルスが作られ続けていること

そういったことから
ウイルス対策ソフトはやはり「100%安全」ではない
と実感させられます。。。

ぶっちゃけて言うと
安いものはやはりその分しかないってこと。

重要なのは「パターンファイルの更新のタイミング」

このパターンファイルが
人間に例えると「ワクチン」のようなもので
ワクチンを早めにうって免疫を持つことで守られる。

しかし、そのワクチンが
大流行してしまってから提供されるのか?
流行する前に、かなり早い段階で提供されるのか?

ここの部分が実は
商品(ソフト)の価格にもある程度反映されております。
もちろんそれだけではありません。

ウイルスを検知する能力も違います。

自分のパソコンを守るためには
本当に今使っているものでいいのか?

自分の身は自分で守る。

「ウイルス感染」は
感染してしまった人は
被害者でもありますが
加害者にもなり得ます。


パソコンに最初から入っているウイルス対策ソフトは
あくまでもお試し版なので、

パターンファイル(ワクチン)を受け取る『器』があるだけ!

ユーザー登録等行っていなければ
パターンファイル(ワクチン)は受け取れません。

そこにはやはり「お金・料金」が発生します。
払った記憶がなければ、おそらくその方のパソコンは
ウイルス対策ソフトに守られてはいないでしょう。。。

ぜひ少しでも早いウイルス対策を行いましょう!!


各種ウイルス対策ソフトをAmazonで探す!
posted by しばけん at 07:13| Comment(0) | パソコンのセキュリティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

リンクが自動増殖オートリンクの登録はこちら by オートリンクネット
[PR]Puti内職 Puti内職 Web素材/ホームページ作成
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。